どれ位の視力回復効果が得られるのだろうか?-近視治療レーシックに不安を持つあなたへ。視力回復Navi

Top > オルソケラトロジー > どれ位の視力回復効果が得られるのだろうか?

どれ位の視力回復効果が得られるのだろうか?

近視治療の1つとして、オルソケラトロジーはあります。

ちなみに近視とは、どの様な状態かご存知でしょうか?

実は正常な目であれば、角膜を通して光を網膜まで届くようになり、焦点が網膜で屈折するのです。

しかし近視状態であれば、それら光が何かの異状によって、網膜に届かないところで屈折してしまうため、光が網膜まで届かない状態になっているのです。

その為、ハッキリと近くの物は見えるのですが、遠くの物はぼやけて見えてしまうという状態になってしまうのです。

この状態をオルソケラトロジーで治療をします。

要するに、角膜矯正する事で網膜で光が正しく屈折する様に回復されるのです。

このオルソケラトロジーでは、高い効果が得られるのが、角膜が柔らかい若者には視力回復が得られると言われてます。

何故かと言うと、網膜の癖が若者にはなく、ある意味柔軟性がある為に、とても角膜矯正し易いのです。

更に、オルソケラトロジーで視力回復治療をしても、とても長い効果が得られるとも言われてます。

勿論若者だけに限らず、オルソケラトロジーは7~65歳までと幅広い対象年齢設定がされています。

そして、小学生などの視力低下防止にも効果があると言われており、更に軽度の近視や仮性近視の視力回復にも効果が期待されています。

但し、視力回復でのオルソケラトロジーは、効果が安定するまでには時間が少し掛かってしまいます。

それでも、最初は半日位の効果のみなのですが、1週間くらい継続する事でオルソケラトロジーでの効果は徐々に安定します。

多くの場合、最終的には1~2日位まで効果が続く様になるとも言われてます。

しかし、その効果についても一時的だという事を覚えておきましょう。

もし貴方が、毎晩オルソケラトロジーをつけなければ、視力回復効果は直ぐになくなってしまいます。

レーザー治療と安全性について

オルソケラトロジー

オルソケラトロジー
関連エントリー

視力回復方法 オルソケラトロジーの流れ
どれ位の視力回復効果が得られるのだろうか?
視力回復のオルソケラトロジー方法を行う場合の注意する点とは?
視力回復方法『オルソケラトロジー』のあらまし