視力回復を眼育で楽しみながらやろう!-近視治療レーシックに不安を持つあなたへ。視力回復Navi

Top > 眼育の始め方 > 視力回復を眼育で楽しみながらやろう!

視力回復を眼育で楽しみながらやろう!

近視の小さいお子さんが、日本ではたくさんいると言われてます。

その為、視力回復が出来る眼育が、ゲーム感覚で楽しみながら出来るとあってとても盛んです。

ちなみに、近視に小さいお子さんがなってしまう理由はどの様なことなのかご存知でしょうか?

それは、1つの事に集中する事(マンガ本・TVゲーム・勉強等)が出来る、要するに集中力が盛んなお子さんに多いのです。

ある意味、集中力があるのがとても嬉しい事なのですが、この長所が逆に欠点になってしまっている様なのです。

ですから、子供向けに視力回復での眼育も開発され、トレーニングを今ではゲーム感覚で行う事が出来るのです。

視力回復を日本で眼育にて行う場合には、通信教育もしくは眼育トレーニング教室で受ける事になっています。

トレーニング内容については、2つとも大きな差はありません。

内容的には、数字が20迄書かれているバッジを壁に張り、直ぐにある数字を探すゲームをします。

また、素早く目を開いたり閉じたりするパチパチするゲームや、動く物を素早く見分け、目で追ったりするゲーム等です。

この様に、眼育をゲーム感覚で行う事で楽しみながら出来る物もあり、更に同じクラスの子供達を競争させつ事も出来るのです。

お子さんの興味を引く様なゲーム感覚での眼育ですので、とても早く視力回復が出来るという特徴がある様です。

一方、大人の視力回復を眼育で行う場合には、どうしても目の周辺筋肉が柔軟性がなくなってきているという事や、ピント自体が衰えている場合もありますので、子供達と比較するとやはり回復には時間が多少掛かってしまうのが一般的の様です。

この様な眼育を、1日30分程度を1週間に数回実施する事で、視力回復が出来る様になります。

眼育の始め方

眼育の始め方
関連エントリー

子供達の生活を見直してあげよう!
子供が視力回復を要する前に出来る事とは?
子供の目を守ろう!視力回復と子供の負担
眼育応援グッズを使って視力回復しよう!
視力回復を眼育で楽しみながらやろう!
視力回復での眼育についての情報とは?