子供達の生活を見直してあげよう!-近視治療レーシックに不安を持つあなたへ。視力回復Navi

Top > 眼育の始め方 > 子供達の生活を見直してあげよう!

子供達の生活を見直してあげよう!

子供の中でも、最近は視力回復を要する子が増加しています。

また、眼鏡やコンタクトレンズ等での視力矯正をしている子供も、小学生くらいから見かける様になっています。

では、子供のうちから視力矯正や視力回復が必要にならない為には、一体どの様にしたら良いのでしょうか?

ちなみに、多くの視力回復を必要としている子供のは、ポータブルゲームを使用しています。

ポータブルゲーム使用では、どの様な状況になるのか下にまとめてみましたので、ご覧になって下さい。

1.目の移動が限られた範囲のみとなってしまう為、目の運動機能低下が見られる。

2.ゲーム機を目との距離が近い。

3.悪い姿勢(仰向け・うつ伏せ等)で、十分な明かりが取れない状況になる。

4.ゲームにあまりにも熱中し過ぎて、ドライアイの原因ともなる瞬き回数が減少する。

この様な状況が多々あると、目にはとても負担をかけてしまうのです。

ただ、間違ってはいけないのですが、ポータブルゲームをする事で、視力低下に陥るということではありません。

しかし、殆どの視力回復を必要とする子供達は、環境や姿勢が目に負担をかけてしまう様な、物の見方をしている様なのです。

そして、ゲームがあまりにも普及しているという事もありますが、今の世の中多くの危険も存在しており、どうしても外遊びが減少しているのも現状でしょう。

また、外遊びが減る=自然に触れる機会が減るという事にも繋がり、遠くの景色を見る機会も減少しているのです。

このことからも、視力回復を必要としている子供達が増えているとも言われているのです。

なかなか、外遊びに機会を増やしたら、遠くを見る癖を付けるということは難しい事です。

でも、少しだけでも家の中での生活に気をつけてあげる事によって、視力回復が必要のない子供達の目を作り上げれるはずですよね?

是非、小さい年齢の時から子供の目に良い環境を作ってあげてくださいね。

視力が低下してしまった状態を回復させるのは、とても大変な事ですから・・・。

眼育の始め方

眼育の始め方
関連エントリー

子供達の生活を見直してあげよう!
子供が視力回復を要する前に出来る事とは?
子供の目を守ろう!視力回復と子供の負担
眼育応援グッズを使って視力回復しよう!
視力回復を眼育で楽しみながらやろう!
視力回復での眼育についての情報とは?