子供の目を守ろう!視力回復と子供の負担-近視治療レーシックに不安を持つあなたへ。視力回復Navi

Top > 眼育の始め方 > 子供の目を守ろう!視力回復と子供の負担

子供の目を守ろう!視力回復と子供の負担

自分の子供が、視力回復が必要になる前に、子供の目について理解しましょう。

また、子供の目を視力回復のお世話にならない様に守っていきましょう。

一般的に視力回復を要する子供達は、見え難い状態に大分前からなっている事が考えられるのです。

もし、貴方の目が悪いのであればお分かりかと思いますが、視力低下は急激に起るのではなく、徐々に起るのです。

ただ、大人の場合にはその変化に気が付くのですが、子供の場合には気付き難いのが現状です。

その為、子供本人は勿論ですが、親御さんも気付いた時には既に、視力回復や視力矯正が必要となってしまう事が多いのです。

ちなみに、10歳くらいまでに脳の発達は完成し、3~6歳にかけて目の機能も完成すると言われてます。

ですから、観察は注意深くしてあげると良いでしょうね。

では、どの様に注意してあげると良いのでしょうか?

それは、視力検査を定期的に行う事が大切です。

視力回復を要する多くの子供達は、急に視力が成長期の過程で半年位の間に低下する事もある様です。

ある意味、本当に恐ろしい事ですよね。

視力低下というものは本来、徐々になる事が一般的です。

しかし、お子さん自身がハッキリと成長期で心や身体の成長がわかる時期は、視力低下も進み易い状態になる様です。

その為、特にその様な時期には半年に1度位を目安に出来れば視力検査をするという方法も良いでしょう。

やはり一番、視力低下により視力回復を要するようになってしまうと、お子さん自身にも大きな負担が掛かってしまいます。

ですから、ご家庭の中でも『教室で物が見え難い状況ではないのか?』『授業中に黒板が見え難くないか?』等、声掛けしてあげましょう。

もしかすると、お子さん自身も目の変化に気がつき、視力回復を要するのか等を考えるかもしれません。

眼育の始め方

眼育の始め方
関連エントリー

子供達の生活を見直してあげよう!
子供が視力回復を要する前に出来る事とは?
子供の目を守ろう!視力回復と子供の負担
眼育応援グッズを使って視力回復しよう!
視力回復を眼育で楽しみながらやろう!
視力回復での眼育についての情報とは?