視力回復治療(オサート)の一般的な流れとは?-近視治療レーシックに不安を持つあなたへ。視力回復Navi

Top > 視力回復治療オサートについて > 視力回復治療(オサート)の一般的な流れとは?

視力回復治療(オサート)の一般的な流れとは?

視力回復治療を、オサートで受ける場合にはどの様な流れがあるのでしょうか?

コチラで、その流れについてお話させて頂きます。

まず、テストレンズを初診時に付けていただきます。

そして、その効果や装用感を確かめます。

また、検査を詳しく受け、基本的にこの治療を受ける事が出来るのかを調べます。

実は、オサートでの視力回復治療は、矯正用コンタクトレンズをステップUPして作成していくのです。

その為、今まで行っていたオルソケラトロジーでは出来なかった症状(遠視や乱視、重度の近視)でも、視力を回復することが出来る様になったのです。

ですから、完全にその方に合うコンタクトレンズをオーダーで作るのです。

ただ、つければ良いという物ではなく、付けて間もない1~2ヶ月に1度位の通院と、6~12ヶ月毎の定期検査は必要となります。

また、強度の近視の方の場合には、ステップUPする為に2~3ヶ月でレンズ変更をしますので、通院は定期的に必要となります。

『じゃ~軽度の近視だから通院の必要はないの?』なんて思うかもしれませんが、ややはり視力回復効果と安全性を考えると、都度の確認が大切となりますので、通院の必要はあります。

一番凄いことは、やはりコンタクトレンズを夜寝ている間につけているたけで、視力回復できるという事でしょうね。

しかし、睡眠時間や寝相の悪さ等で、効果については大きな差が出てしまうようです。

その為、「出来るだけ寝返りはしない」「上の向いて寝る」等、注意しなければならない様です。

更に注意しなければならない事として、治療開始をするとずっとレンズ装着は必要となります。

途中でやめてしまうと、折角凹レンズ化された角膜が元に戻ってしまい、残念ながら昼間の視力回復は望めなくなってしまいます。

その為、視力回復方法を続けていくと、コンタクトや眼鏡が昼間不要となる生活が送る事が出来ますので、絶対オサート着用を忘れない様にして下さいね。

視力回復治療オサートについて

視力回復治療オサートについて
関連エントリー

日本でただ1つだけ!!視力回復治療をオサートで受けられる所は?
視力回復治療に掛かる費用はどれ位?
視力回復治療(オサート)の一般的な流れとは?
視力回復をオサートで行った場合の良い点って何?
従来品の限界を超えた新しい視力回復法『オサート』って何?